ボイラーの使用年数が経ちすぎていると、部品供給ができなくなるため、ボイラー交換工事が必要となってきます。ボイラーの対応年数は、メーカーによって異なりますが、8~10年といわれています。

使用年数が10年を超えている
ボイラーの対応年数は8~10年といわれております。これ以上の期間でご使用になられている場合、アフターメンテナンスをしっかり行っていたとしても、故障が起こってしまいます。

ボイラーから異音がする
ボイラーが古くなると、部品の摩擦など消費が激しいため、異音がする場合がございます。

温まるまで時間がかかり、なおかつ灯油の消費が激しくなった
燃焼効率が悪くなっているため、ボイラーが点火する際などに、灯油と電力を無駄に消費してしまい、温まるまでの時間も長くかかってしまいます。
上記の例に当てはまる場合は、ボイラー交換が必要となってまいります。(特に1番に該当する方は、なるべく早めの点検が必要です。)
弊社にご相談いただくことで、さらに様々な点検を行い、お客様がボイラーを使用する上で、もっとも快適なプランをご提案させていただきます。

交換ではなく修理を行った場合、その後の部品供給ができるかどうか?
高額な修理を行ったとしても、部品がなくなってしまった場合、修理ができなくなり、結局ボイラ一交換となるケースがございます。その前にまずはボイラーを確認し、アフターメンテナンスが可能かどうかを調べます。
新型ボイラーと比べて大きさや燃焼効率に違いはあるかどうか?
ボイラーの形は年々進化し、省スペースでご利用できるタイプになってきています。今まで使用していたボイラーが大きく、無駄に電力・灯油を費やしていないかを調べます。
© 2007-2016 ALTY All Rights Reserved.